読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも新たな太陽を

日々の出来事を思いのままに綴っていきます

都知事の会見と世間様

まずは都知事の会見

まー、無茶苦茶な説明だわな。

テレビ報道でも、世間の認識と、かなりなズレがあって、そんなのは政治活動じゃないとか。

そんなものを経費にするとか…

まぁ、そもそもの説明がデタラメなんで、どっちみちって話ではあるのだが。

返金するらしい

要するに、個人経営の会社で、なんでも会社の経費にしておいたら得だから、そうしてたら、税務署に「アウト〜」って言われて、「はーい、会社にお金戻しまーす」てのと同じで、戻したところで、国に金が還るわけじゃない。
ま、その分の税金は追徴されるが。

お金の戻り先は、彼の政治団体のはず。

しかも、解散してる団体もあるって調査のタイミングでは言ってたような…

したがって、国民には戻そうが戻すまいが、なんの関係もない。

どっかの会社の金のケースと同じ。(よくある責任とって役員報酬何割カットとも同じ)

で、世間様の有り様

個人経営の会社では、どうだろう?毎日の夕食を誰かと一緒にして、領収書をもらって、交際費にして無いだろうか?

サラリーマンだって、ただの飲み会に議事録つけて、会議費用として落としてないだろうか?

会社の金と政治資金は違う?

それはその通りだ。私的な団体の経理と、税金の投入される政治団体の資金管理は、意味が違う。きっと、そう考えるだろう。

だが先の行為は、納めるべき税金の額に影響している。

例えば交際費は年間800万までは課税対象にならず損金なのだ。どうせ毎日晩御飯は食べるんだから、会社に負担させたら一石二鳥ってな具合だ。

一方で先の舛添の政治資金を、お金には色はついて無いので、税金分は適切に道義的にもなんの問題もない支出ばかりで固めて、問題があった方は政治家が集めた献金と解釈した場合、果たしてどちらか問題視されるべきか?

だから許されると言っているわけではない


ただ、散々世間の感覚とはズレてると言い放っておきながら、肝心の世間様はって〜と随分と褒められた品行方正振りではなかろうかと…

なんか、記者会見で記者からの追及が甘かったのも、己が請求しようと手元にためてある領収書への罪悪感からか?と思わず深読みしてしまった。