読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも新たな太陽を

日々の出来事を思いのままに綴っていきます

三菱自動車

Heart beat motors


当時、かの自動車製造・販売会社が掲げていたキャッチフレーズ。

この車どこかが悪いんじゃないかと疑って、ドキドキが止まらない、そういう意味でハートビートなんだろうなと。

あの時は管理部門

さてあの当時は、不具合の情報を一手に集めていた品質管理部門が、全国から上がってくる類似の問題に対して、そして明らかなリコール対象に対して、対処を行わず、ダマで勝手に直してたり、まあ勝手にやりまくってたわけだか。

今度は開発部門

今度は開発部門で、技術者だよね。

まずもって、もう車に関しては何も信じられない。技術者が技術を磨いて、新たな境地を切り開くのではなく、データを誤魔化して他社レベルの性能値に近づけるとか。

技術者なのに、悪魔でもいいから崇拝する神いねーのかよ?

安全基準とか大丈夫?

もはや、何も信じられない。人事は賄賂でとか、経理はちょろまかしてってやってるんじゃないの?レベルで疑ってしまう。

ま、なんにしても事実ベースで、2回目。もうこの会社は更生することなんか期待できなくて、車は買われないよね。

さいごに

なんでこうなってしまったんだろうね。スバルもマツダも見事なまでに存在感を示してる。
クルマ作りを追求し、その愚直な価値の訴求が、まさに消費者にひしひしと伝わることで、ブランド価値高め、売り上げを伸ばす典型。

うーん、ランエボパジェロしかないと言われた同社だけど、それだけでも会社は生き残れたはずって事だね。


追記 2016.04.27 01:12

減税とかってどうなるんだろう?ユーザーは減税されなくなって、過去分も追徴されて、それと同額をユーザーに三菱自工が支払う?それともエンジン交換とかシャーシ交換みたいなリコール?(笑
笑い事じゃないが、笑う以外に問題の波及する範囲が広すぎて…