読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも新たな太陽を

日々の出来事を思いのままに綴っていきます

【テスト】誰に聞いても、何を使っても良い

大学のテストで、電子機器以外何を持ち込んでも良かったらしい。

人でも良いのだと。

教授「試験は持ち込み可です。電子機器以外は何持ち込んでもいいですよ」ぼく「ほー」 ぶる速-VIP

私が大学の時に受けた授業は、試験開始時に問題が配布され、終了時に戻ってきて提出すれば、外出OK、誰に聞いても良い、図書館だろうが、パソコンだろうが、とにかくありとあらゆるものを活用しなさい、というのがあった。

教授曰く、現実の社会で出会う解くべき問題、それは自身の研究も同様に、教科書やノート見たらダメとか、人に教えてもらうたらダメとか、そんなことはあり得ない。大事なことは、解決する能力であると。

ただ、数年前に出題した教授に答えを教えてもらった先輩がいたらしく、教育的観点から翌年から出題者だけはダメだというルールが加わったようだ。

私は図書館に何人かと行って、類似の現象を説明する数式モデルを発見し、その構造を読み解いていたら、試験問題の方のモデルを思いつき、計算してみたところ、美しい答えにたどり着き、とても答えらしい答えを導くことができた。

もちろん周りは、まるコピ開始。 そこをたまたま通りかかった奴もコピー。

運も実力のうちとは、よく言ったもんだ。

この時の経験は社会人となって身に染みて理解できるし、かなりの人生の凝縮のように感じる。

この記事を見て、見たようなことする先生は居るんだなと。